2020年5月31日日曜日

妹Sally&さりおの日常7




さりお(右):

きんきゅうじたいせんげんも
かいじょされたということで
これから「すていほーむ反省会」を
開催したいと思います。






妹サ:

ハァ?












さりお :

ではまずオレから。

「せっかくお家にいる時間が長かったのだから
もっと新しいことにチャレンジすれば
良かった」と思いました。






妹サ:

ふーん。たとえば?















さりお:

「ゆーちゅーぶ」に
おもしろい動画を投稿するとか。






妹サ:

へえ~
ありがち~。











さりお:

・・・・・・・・・・。







妹さ:

・・・・・・・・・・。






 






さりお:

そういうキミはどうなのさ。







妹サ:

私?

とくに反省点はないのだけれど
しいて言えば・・・












妹サ:

うっかり
「人を笑顔にしたい」
って思ってしまったことかしら。















さりお:

ええ?

だってそれはいいことじゃない?






妹サ:

そうなのだけど
そうじゃなくて・・・













妹サ:

ついうっかり
「先に人の笑顔を欲しがってしまっていた」
ということよ。

自分が笑顔になる前に。



























2020年5月23日土曜日

妹Sally&さりおの日常6






妹サ:

わ~、すごい。
ベランダがつるつるで
スケートリンクみたい。














さりお(右):

修繕工事で
防水塗装したのだって。







妹サ:

ふーん・・・。















さりお:

外出はままならないけれど
こうした日常のささやかな変化を
楽しんだり

あたりまえの生活ができることに
感謝していきたいものだよね。






妹サ:

でも外出したいよね。















さりお:

・・・・・・・・・。







妹サ:

・・・・・・・・・。
















妹サ:

したいよね?

外出。














さりお:

そっ、そんなことないやいっ!
















妹サ:

カフェとか
雑貨屋さんとか
本屋さんとか
映画館とか
焼肉とか
餃子とか
ラーメンとか
レモンサワーとか









さりお:

うう、、、

















さりお:

去れ!!

サタンよ!!








妹サ:

ククククク・・・











2020年5月17日日曜日

妹Sally&さりおの日常5







































妹サ:

あー、つまんない。

最近ずーーーっと
この家における
我々の定位置であるところの
「本棚の前のちょとあいたスペース」から
ぜんぜん動いてない。

去年のGWあたりは
もっとお出かけしてたのに~。















さりお:

仕方ないよ。

今はきんきゅうじたいせんげん中だもの。
ふようふきゅうの外出はじしゅくしないとね。
















妹サ:

ふん。わかってるわよエラそうに。
あたりまえのことを
あたりまえにいうのは
ただのあたりまえにすぎないのよ。

もっと何か
「きのきいたこと」を言ってよ。
「どきどきする」ようなこととか。
「あいのことば」とか。








さりお:

ええ?
















さりお:

す・・・












妹サ:

す?











さりお:

す・・・













妹サ:

す?





















さりお:

すていほーむ・・・。















妹サ:

なんだよそれ。














2020年4月25日土曜日

妹Sally&さりおの日常4





いちご大福と・・・











お赤飯。












よしっ。











いやいやいやいや・・・













さりお:

「よしっ」
 じゃないよね?





妹サ:

あっ!さりお!













さりお:

何その
「たんすいかぶつ×たんすいかぶつ」。
野菜は?たんぱくしつは?

ただでさえ運動不足気味なのに。






































妹サ:

もう絶交よ。






さりお:

ええ?








2020年4月19日日曜日

妹Sally&さりおの日常3





まあっ!
何てきれいなんでしょう。











世の中はこんとんとしているのに
お花さんは変わらず私のこころを
癒してくれるのね。













ほんとだね~。













妹サ:

あっ!さりお!

もうちょっと離れてよ。
「そーしゃるでぃすたんす」でしょ。













さりお:

ええええええ~。














ふぃじかるな距離ははなれても ・・・












こころは離れずに
いたいよね。














・・・・・・・・・・。














妹サ:

離れたわ。

たった今。







さりお:

がーーーーーん!











2020年4月5日日曜日

妹Sally&さりおの日常 2






あ~

ほかほかする~。














ここでこうしていると
まるで おかあさんに
抱かれているみたい・・・。
















さりお:

それは
「当たらずとも遠からず」だね。

















妹サ:

あっ! さりお!















さりお:

その「ひつじのおぶじぇ」と同じように
キミもオレも「ようもう」で
できているからさ。
「素材が同じ」という観点に置いて
キミが「おかあさん」と
錯覚するのも無理はないよね。















さりお:

でも「物」である我々が
「母は誰か」という問いを立てた時
「素材が同じ」という理由から
それを「母」とするのは
あまりにも浅薄な考えで
大切なのは素材ではなく
「誰によって生み出されたか」。















さりお:

そう考えると
キミにとっての「おかあさん」は
「SSさん」ということになるよね。






























 








妹サ:

じゃあ、私とさりおは
「きょうだい」
・・・ってこと?






さりお:

えっ。


















さりお:

ええええええええ~~っ!!